ほとんどの方が関心をもち、興味を惹かれるのが「裏話」だったり、「エピソード(逸話)」といわれるものです。
そこには決して表舞台には登場しない、本当の意味での「分岐点」、また「泥くさいストーリー」があったりします。

一人の人間」の人生には、数多くの「物語(ストーリー)」があります。
少しでもそれを知ることで、自分以外の人生をちょっとだけ追体験してみてはいかがでしょう。

ここで登場するのは「マヤの暦」との出合いを起点として、人生どのように変容したかが綴られています。
触れれば触れるほど、「人生の絶妙さ」「全ては準備されている」、このような感慨が湧いてくるかもしれません。
ご自身が心惹かれるものからお読みください。

「シンクロ通信アーカイブ」のストーリー一覧

登録数:31

2012年3月15日 (K187)シンクロ通信アーカイブより

まずは、原文のままお読みください。   小池さんの語る一言は、軽やかでリズミカルですが、妙に心に染みるから不思議です。 [...]

2012年3月10日 (K182)シンクロ通信アーカイブより

まずは、原文のままお読みください。   今度は、奥さんが相棒になります。 [...]

2012年3月1日(K173)シンクロ通信アーカイブより

まずは、原文のままお読みください。   閏日に、“力強い” 特集のようなコラムです。得した気持ちになってきます。 [...]

2012年2月22日(K165)シンクロ通信アーカイブより

まずは原文のまま、お読みください。  さまざまな角度からみても極めてユニークな結婚です。 [...]