ほとんどの方が関心をもち、興味を惹かれるのが「裏話」だったり、「エピソード(逸話)」といわれるものです。
そこには決して表舞台には登場しない、本当の意味での「分岐点」、また「泥くさいストーリー」があったりします。

一人の人間」の人生には、数多くの「物語(ストーリー)」があります。
少しでもそれを知ることで、自分以外の人生をちょっとだけ追体験してみてはいかがでしょう。

ここで登場するのは「マヤの暦」との出合いを起点として、人生どのように変容したかが綴られています。
触れれば触れるほど、「人生の絶妙さ」「全ては準備されている」、このような感慨が湧いてくるかもしれません。
ご自身が心惹かれるものからお読みください。

「生き方」のストーリー一覧

登録数:22

マヤ暦はプラス面とマイナス面の両方がわかって面白い!自分にも子育てにも役立ちました。

2児のシングルマザーとして、働き方や生き方、ご自身が望む人生を目指し、過ごされてきた期間のお話をしてくださった大阪さん。 時間に追われ、ホッとする時間がない方や、睡眠不足の方、子育てに悩まれている方、今後の人生について悩まれている方、働き方に悩まれている方の希望となるストーリーです。 [...]

マヤ暦で自分を知り、これまで自信のなかった自分を克服!自分を大切にできるようになりました。

第一の人生は、自分や周りの幸せに違和感があったけど、これからは自分も幸せになりたいし、誰かの役に立ちたい。そんなお話をしてくださった阿部美也さん。 人に与え尽くしたり、心配性だったり、健康に不安のある方、なかなか素の自分を出せなかったり、ついつい自分に×をつけてしまう控えめな性格の方が自分の心地よい方向、自然体でいる方法を知るための希望となるストーリー [...]

我慢を重ね、ついに大爆発。修復不可能だと思った嫁姑紛争もマヤ暦で解決できました!

韓国人の旦那様と国際結婚をし、現在、韓国在住の山田朱子さんのアナザーインタビュー。 嫁姑問題で悩んでいる方、国際結婚で悩みを抱えている方、今がどん底だと感じている方の希望となるストーリーです。 ぜひご覧ください。 [...]

マヤ暦でうまくいかなかった原因に納得!自信を持って生きれるようになりました!

夢や希望もなく、ただ生活のために働いていた毎日に「これでいいのかな?自分は何がしたいんだろう?」と思っていた西原さんが、マヤ暦で自分自身の性質を知り、生きがいややり甲斐を見つけ、輝く今を生きるまでのストーリーです。迷っている方、今の人生に満足していない方、生きがいがない方、まだまだ何か物足りないと感じて今のままじゃ嫌だ!と感じている方の希望となるストーリーを [...]

過去のトラウマをマヤ暦の学びを通して、克服することができました。

順風満帆だと思っていた自分が、実は違った・・・。とマヤ暦の学びを通して気づかれた栗栖さん。 過去のトラウマや、これまで頑張ってきた方の希望となるストーリーをぜひご覧ください。 [...]

なぜこの世に生まれてきたのか?マヤ暦で紐解いたら、自分が愛おしくなりました。

幼い頃から、自分はなぜ生まれたのか?そんな疑問を持っていた市川さん。心から笑えるようになりたい。幸せになりたい。と願っていたころから今日までの体験談をお話いただきました。心から幸せを感じたい方、身内の問題に頭を抱えている方、自分の存在を確かめたい方の希望となるストーリーです。 [...]

インタビュー「59歳の頃に奮起!還暦でマヤ暦アドバイザーになれました!」

50代からマヤ暦を学び始め、還暦でマヤ暦アドバイザーになられた赤星さんのストーリーをぜひご覧ください。 [...]

私がマヤ暦にハマったきっかけ

マヤ暦との出逢いは、2012年7月。 友人の紹介でマヤ暦リーディングを体験したことがきっかけでした。   その時は「楽しかったね」くらいに軽く捉えていました。   それからなにごともなく、2年弱の月日が流れ、 またしても友人がマヤ暦講座を受講すると聞き、私もノリで一緒に受けることになりました [...]

マヤ暦を学んで私が大きく変わったこと

今日も面白がって、ごきげんに生きよう! 毎日発信をしている公式ラインの最後の言葉です。   K111青い猿 赤い蛇 音7の赤坂由美です。   軽やかな風の時代、青い猿のわたしの時代が『きた〜』と感じております。   この時代にマヤ暦を知ることで自己肯定感が上がり 1人1人が幸せになると確信しております。   そのマヤ暦をたくさんの方に知っていただきたい [...]

マヤ暦を知ることで、一人一人の違いを知り相手を認められるようになりました。

私がマヤ暦に出逢ったのは2017年12月、目の中にヘルペスができ、 激痛で光を見るのが辛い「今世での闇」を数ヶ月味わっていた頃。   法事のため帰省した長崎で、アフリカにいるはずのK256大田真里さんと 10年ぶりに再会した事がきっかけでした。   ご自身も娘さんの事で大変な事情を抱えていたにも関わらず 「心配はHappyを呼ばないから、私は子供を信じるわ」と、   [...]